体表面温度検知タブレット(検温システム)

新型コロナウイルス対策に、簡易タブレット型検温検知システム


特徴

簡易型検温検知システムの検知例

電源投入だけで稼働する簡単スタンドアロンカメラ

※カメラ内部ストレージに情報を保存するため、ネットワーク不要で
 運用が可能です
※ネットワーク接続でメール送信、Snapログの回収/エクスポート、
 設定変更等が可能

人件費を最小限に抑える測定/認証オペレーション

※対象者は直観的にオペレーションを進められます。管理運用もブラ
 ウザで可能なシンプル構成
※無電圧接点出力を利用した回転灯/警戒ブザー連動による運用サポート
 も可能

温度管理以外に「マスク未着用警告」「顔認証」機能を装備

※ディープラーニングアルゴリズムによるAI顔認証でより高度な入退室管理を実現。


簡易型検温検知システムの外観
  • 7インチIPSディスプレイ
     HD 1024 x 600, 300 cd / m2
  • ハードウェアインターフェイス
     RJ45、リレー出力
  • 補助光 :赤外線LED、白色LED
  • 定格電圧: DC 12V入力
  • パネルサイズ :219x111x21.5mm
  • スタンドサイズ:33x189mm
  • 測定距離:0.5-1.0m(最適距離0.75m)
  • 顔認証距離:0.5-2.3m
  • 測定誤差:±0.3℃
  • 識別制度:99.5%

運用イメージと主な利用シーン

簡易型検温検知システムの運用イメージと主な利用シーン

検温時の注意点

  • 運用開始前、検温精度向上のため、約20分の通電を行って下さい。
  • 顔を画角内のフレーム(検知エリア)に合わせ、中心に収まるように検温を行って下さい。
    ディスプレイの角度は調節可能です。
  • 検温精度向上のため、脱帽し、額をカメラに向けて下さい。
  • 本製品を使用する際、安定した場所に機器を設置して下さい。
    揺れや振動などで検温の精度に影響を及ぼす可能性があります。
  • 熱源(エアコン、コンセント、電子レンジ、ヒーターなど)から最低3m以上離れた場所で
    使用して下さい。
  • 本製品は体温計及び医療機器では御座いません。

関連商品 体表面温度検知システム

新型コロナウイルス対策に、検温検知システム

※詳細はカタログをご覧ください。


page top